うちのガラクタ

古びたモノが好きです。日常の捕って付けたようなモノ・コトの紹介です。

340 コップ飲み




B340_01.jpg

 ● 旅友のシミズ君が帰国しました。

スマトラに仕事の口があるということでインドネシアへと向かったシミズ君でしたが。
今回も当地に行ってみると、そんなに上手い話しがあるわけなく、ほとんど「怒りの葡萄」状態となり、無惨にも撤退となったのでした。
という理由で、インドネシアよりその後しばらくはマレーシアに駐留し、そこでの自分用のお買い物荷物が、まったく勝手ながら我が家へと送りつけられてきたのでした。

今日はそんな彼の私物を自転車の荷台に積んで、シミズ邸へとデリバリー。 (どこか間違っているような気がするけど。)

そして、送付されてきたダンボールの箱のなかからぼこぼこ姿を現したのが、これらのコップなのでした。


B340_02.jpg

 ● コップを見ながら酒を飲む。

天気も良いし、野外の桜もまだまだ見頃。
まずは、自分用の一人花見突入への保険を掛けて、白百合(石垣島泡盛、荒濾過44度)を小瓶に詰め、ショットグラスを持参しての訪問です。
ところがむこうも良くしたもので、宝焼酎のお茶割りで出迎えてくれました。
なぜかイカ下足の煮付けや、カツオの腸の塩辛「酒盗」など、飲み助にはたまんない渋い酒肴も用意されており、彼の父ちゃんも本日は留守ということで、昼前からぐいぐいと二人で飲むことになってしまいました。
一応マレーシアのコーヒーや、なぜかカップヌードルのミーゴレン(インドネシア風焼きそば)なんかも交えて、異国情緒を飽くまでキープした飲みを維持します。


B340_03.jpg

 ● まる秘の物<ブツ>は、「タイガービール」のコップたち。

ノベルティーグッズにはさほど興味がない自分ながらも。
これだけいろいろなヴァージョンのタイガービールコップを一堂にすると、商標であるロゴの変化やプリントの具合、時代を追ったガラスの成形の様子など、なかなか楽しい世界です。
あーだこーだと、コップを観察しながらの昼間飲み、体内アルコール度も徐々に高められ、二人飲みながらも、気分はますます盛り上がっていくのでした。



B340_04.jpg
 ● 多民族国家マレーシアらしく文字の表記も様々です。

英領マラヤから独立してマレーシアになった1957年の年号入りコップにはMERDEKA(ムルディカ;独立)のマレー語の文字がみられ(左上)、今回のコップのなかで特に異彩を放っています。
コップ底にみられる製造所の王冠マークも、パターンが幾種類かあり面白いです。
華人も多いマレーシアらしく漢字があったり、なかには南インドのタミル語が書かれたものなど結構なレアものもあります。
そんなビールコップの数々を手にとりながら、ショットグラスでの泡盛一気が至福の一時となりました。


B340_05.jpg

 ● 今日の留守番役は犬の散歩も兼ねたもの。

酒休めには、なんといっても気分転換の散歩が一番です。
シミズ家の飼い犬、ラブラドールの「ごん」を連れての散歩は、まったくもっての犬まかせ。
犬目線で細い路地に入っていったりと、歩くコースが人間の散歩と異なっていて、結構新鮮でした。

今回のシミズ君のタイガービールコップは、KLやペナン、マラッカのショップやフリマなんかで探し出したものとのこと。
海峡を有した古くからの交易の町マラッカは、確かに多民族の情緒に溢れた、とても趣のある町でした。
折角なので、過去の旅のアルバム写真からおまけながら載せてみますね!


B340_06.jpg

 ● 旅写真より マラッカ その1

イスラムのモスク、道教の祠堂、運河越しにはキリスト教会の鐘堂の尖塔が覗く。


B340_07.jpg

 ● 旅写真より マラッカ その2

あまりにもデコラティブな南インドスタイルのヒンドゥー教寺院。
干潮の干潟にはムツゴロウを特大にしたような、背鰭のブルーがとても美しいハゼがあちこちにみられ神秘的でした。
また、夕陽を背に叉手網をたたみ干潟の漁から戻る人の姿がとても印象的でした。


B340_08.jpg

 ● 本日頂いた旅土産。

小型のタイガービールコップ(径58×高さ85ミリ)は、エッチングプリントの現代のもの。
ごろっとした肉厚で熱湯にもびくともしない丈夫なコップです。

真鍮製の三段弁当箱はアンティークもの、刻まれていたのはグジャラティー文字。
蓋の開け方が、インドでも見ることがない独特な方式とのこと。

あまりに強烈な白檀匂の石鹸<確かに日本にはない石鹸の匂い>は南インドのアユルヴェーディック・ソープ。

マレーシアのローカルコーヒーは、淹れた上澄みをすする飲み方が主流です。
成分をよく見ると、マーガリンなどと一緒に焙煎させ独自の風味を加えています。



お酒もいいけれど、やはりチャイニーズに南インド、マレーやババニョニャ料理など、ヴァリエーション豊富なマレーシアのご飯やデザートが食べたいかな・・・・・・・・・  (^_^)v    





  1. 2017/04/13(木) 21:27:07|
  2. うつわ
  3. | コメント:0
<<341 弁当箱 | ホーム | 339 コップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する