うちのガラクタ

古びたモノが好きです。日常の捕って付けたようなモノ・コトの紹介です。

315 昔の椅子





久しぶりに昭島のフランスベッドの「家具の博物館」へ、椅子の展示を観に行ってきました。


B315_01.jpg

 ● 「 近代日本の椅子 Ⅱ 昭和・戦前編 」    東京都昭島市 家具の博物館。


B315_02.jpg

 ● 家具の博物館パンフレット写真より。

先のブログで紹介した「Yチェアの秘密」を読んでから、椅子を見る視点が随分変わりました。
家具の博物館には、和箪笥、和家具のほかにも、英国をはじめ西欧各国の地方の町家や農家などで用いられてきた家具(カントリーファニチャー)のコーナーがあり。
今回は常設されているウインザー・チェアの造りを改めて見直せて面白かったでした。


B315_03.jpg

 ● 「 近代日本の椅子 Ⅱ 昭和・戦前編 」ちらしより。

今回の展示は昭和・戦前の椅子です。
昭和となり、これまでの手作り家具に代わり、機械生産の既製家具が大衆に向けて量産されるようになります。
その一方で、デパートや船舶などでは絢爛豪華な室内装飾や家具が盛んに製作されます。
写真左上; 「ロッキングチェア」 日本楽器(現ヤマハ)、昭和3年。
折り畳み式で、側面の透かし飾りなどがどこかモダンな雰囲気です。

ただこうした動きも日中戦争の激化により、家具も贅沢品の規制<昭和15年の7.7禁制>を受け、世の中もモダン生活から国民生活へと変貌します。
写真右上;「国民生活用品展覧会」(昭和16年)の椅子。 
規定材を用いた簡素な作りながら、後ろ脚と背を繋ぐ三角構造など強度的にも工夫が見られ面白いです。
また型而工房設計による、日本人の生活に即した、畳摺り付き脚で、籐編み座面に座布団を載せて使うような、低い座高のシンプルな椅子が目を惹きました。

学校家具としては、机と椅子が一体化した一人掛け用勉強机や折り畳み勉強机があり。
図書館用の小椅子として、籐の八角編みの上に詰め物をして擬革布で塞ぐ座面の椅子など一風変わったものも見られました。

竹の柔軟性を利用して作られたバンブーチェアが3点出品されており、
写真中央のバンブーチェアカンチレバー構造(「片持ち構造」;一端を固定して支え、もう一方の端は空中に突きだして自由にした状態の構造)で、そのフレームにはモウソウチクの積層成形材が用いられていたりと、プロダクト的にも竹の曲線加工を活かした凝った作りです。

関連資料として、椅子の図面、広告、書籍なども紹介されていて。
商品カタログの口絵写真など見ていると、実に様々な種類の椅子が作られていたことが窺い知れます。
下写真; 「宮沢商店の籐家具ちらし」  昭和初期。


B315_04.jpg

 ● 「小学校の教室、机と椅子」   東京都府中市 府中文化の森博物館。

むかし懐かしい木製の勉強机と椅子が置かれた教室(右上)。
蓋付の机はいつごろの時代のものでしょうか(左)。
工作室で使われていたような小型のスツール(右下)。


B315_05.jpg

 ● 「回転事務椅子」    幅545×515×高さ680、座高450ミリ。

家具の博物館での「鳥取木工」のカタログ写真のなかに、うちのこの回転椅子とよく似た椅子が載っており「回転事務椅子」とありました。
確かに、この椅子にも学校の総務課の備品票がついていました。
猪の目(ハート)形の透かしのアクセント、座面はビロウドの鋲張り、材はナラ材でしょうか。
座面の詰め物の一部をウレタンに換えたり自前で修理したものの、ガタつきがあり、重く座り心地はいまいちながら、その佇まいが美しいため気に入っています。


B315_06.jpg

 ● 「回転事務椅子」の部分。

細部に見る丸いチキリのかたちなど、結構古いものなのかも知れません。


B315_07.jpg

 ● 回転椅子       東京都小金井市 江戸東京たてもの園。

左上;前川國夫邸、右上;常盤台の写真館、左下;青梅の旅籠、右下;田園調布の家。

たてもの園の椅子にも回転椅子が結構見られます。
前川邸の椅子は、曲木とロクロの組み合わせの仕上げが美しい。
写真館の椅子は、さすがに写真のセットらしく赤いビロウド張りが小洒落ています。
うちの椅子に近いのは、青梅の旅籠の椅子でしょうか。
田園調布の椅子は、座面が擬革布仕上げです。
それぞれに個性が見られ面白いです。


B315_08.jpg

 ● 映画「あした来る人」   川島雄三監督 1955年。

若き日の三國連太郎扮する、カジカの先生の研究室で使われている椅子は、たてもの園の青梅の旅籠の椅子とよく似たタイプの回転椅子です。
一方、和室の部屋にも回転肘掛け椅子がみられます、こちらは脚のかたちが丸いタイプのものです。


B315_09.jpg

 ● 回転椅子の座面の修理。

こちらは以前、回転椅子の座面の張り替えを試みたときのもの。
詰め物には、藁や麻の繊維以外にも、古い蚊やの断片などがまるめらえて使われており。
そんな中から、「ヤミ煙草禁止」広告付きのマッチの箱が出てきました。


B315_10.jpg

 ● うちの回転椅子。



回転椅子、くるくる回して高さを調整  (^-^)   


  1. 2016/11/22(火) 23:08:27|
  2. 椅子
  3. | コメント:0
<<316 「にっぽんのかわいいタイル」 | ホーム | 314 東京蚤の市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する