うちのガラクタ

古びたモノが好きです。日常の捕って付けたようなモノ・コトの紹介です。

301 今朝の行動



  「ごみ出しで 出されたごみを 拾います」 うちのガラクタ 


なんの捻りもない句ながら、今朝一番にしたのが本末転倒なこの行動。


B301_01.jpg

 ● 本立    木製    365×185×高さ225ミリ。

今日は燃えるごみの日。
ごみ袋を持って出たはずが、戻ったときにはこの本立を手にしていました。
簡素な仕上げは、むかしの事務用に大量製造されたものでしょうか。
板材は継いではあるものの、部材はベニヤではなく無垢材です。
上塗りのニスが経年変化で自然と剥がれてしまったのか、
ほとんど素木に近い状態で、そんな具合も結構よいです。


B301_02.jpg

 ● 本立の部分。

部材が少し暴れて、がたついてはいますが、使用に際しては許容範囲内。
商標のシールには「富士+加」。
むかしの事務所や教室で使われていたような、木造家具が好きです。
この本棚もごみの袋の山の上にちょこんと載せてあったのは、廃棄者のせめての矜持か?
”ポイ捨てさっ取り”その間1秒もかかっていないから、傍目にはとても自然に写ったはず。
本立の背当てに切り込み模様がある以外は、装飾らしきものがない潔さ。
ごみを拾ってきてなんですが、ちょっと得した気分です。
それにしても、部屋のどこで使えばいいんだろう、まるで置く場所がない。

ついでながら”うちの本立”も、折角ですからこの場を借りて紹介しておきますね。


B301_03.jpg

 ● 本立   木製     800×235×高さ365ミリ。

こちらが机の上でレギュラーで使っている本立。
横長で、抽斗が2個付く。材は外材背はベニヤ、引手は真鍮製の透入。
かって清澄の同潤会アパートの一室で使われていたものです。
今朝はごみ出し前に、この本立のファイルにたまった不要チラシをより分けての片付けで。
やっとすっきり整理できたと思ったら、新顔(拾った本立)が登場することになったのだなぁ。
これも本立の功名といったところでしょうか。


B301_04.jpg

 ● 本立   木製    上; 385×170×高さ275ミリ、 下; 340×175×高さ270ミリ。

小さな本立は似たような寸法、共に抽斗付きで飾り棚として使用。


B301_05.jpg

 ● 新入りは棚の上に置くことに。

なかなか本立の置き場が決まりません。(写真下)
棚の上の土器や曲物を並び替え、その間に本立を設置してみることにしました。(写真上)
苦肉の策ながら、これで違和感なくどうにか納まりました (^_^;) 


いらないものが増えていく、ゴミ出し日にはご用心!!  



  1. 2016/10/21(金) 14:28:13|
  2. 本立
  3. | コメント:0
<<302 魚籠づくし | ホーム | 300 「残したい技、ひき継ぎたい心」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する