うちのガラクタ

古びたモノが好きです。日常の捕って付けたようなモノ・コトの紹介です。

288 紙もの








飲んでて、紙もののはなしになった。





世の中には、旅行した世界の国のトイレットペーパを蒐めたりする奇特な人もいる。


「そういえば飛行機のゲロ吐き袋があったはず」


ご自由にお持ち帰りの機内誌同様に、座席の背のポケットに無造作につめこまれているディスポーサル・バッグ(自分的にはゲロ吐き袋のイメージ)。


用途が用途だけに、内部に防水加工がほどこされ、マチがついていたりとなにかと便利な袋です。
航空会社のロゴがついていたりとデザイン的にも面白いので、なんとなく搭乗記念に一枚失敬してしまう。



酔いの勢いにかまけ、「確かこの抽斗にあったはず・・・・・・・・・」と引っ張りだしてみました。









B288_01.jpg

 ●  ザ・ ゲロ吐き袋  Disposal Bag Air Sickness Bag  !









B288_02.jpg

 ● アエロフロートのゲロ吐き袋



なんといっても、想い出深いのが、このアエロフロートの余りに質素で、ただスタンプを文字押ししただけのへろへろなゲロ吐き袋です。


初めてのアジア旅の際に、バンコクからデリーへ飛んだ際につかったアエロフロート。

キリル文字表記の座席順は、Nの鏡写ししたようなまぎらわしい文字があったりして。
搭乗途端に席を見付けられない客が溢れパニック状態でした。


席を訊ねると「お前は文字も知らないのか!?」といった、およそ憮然とした熊のような百貫デズのスチュワーデスがやって来て、「お前はここ」「お前はあそこ」と規定の席へとど突き睨むのでした。


共産圏の愛想のない対応には、はなから辟易させられましたが、よく見ると口のまわりに髭がはえていたりと結構強面なスチュワーデスです。
「お願いだからオレにかまわないでくれ」と無駄に逆らわず、出来るだけ気配を消してだんまりを決めました。



アエロフロート、機内食のカトラリーは一応ビニール袋に入っているも、粗雑なプラスチックの素材感が妙にくすぐるたよりなさです。


さらに付属の砂糖の包みは、鉄道のものをそのまま持ち込んだものか、列車のイラストでした。

ソ連がぎりぎり崩壊前のころですから、お国の台所事情も察するべく。

たとえ機内食に砂糖のかたまりのようなケーキが出てきても文句は一切言わない、サービスは、はなから期待しない。
かつかつの線で飛ばしているこの飛行機が、無事目的地まで、どうにか落ちずに飛んでくれさいすれば御の字な状況でした。


粗雑な紙、粗雑な印刷、チープな質感やデザインが微妙にこころをくすぐります。
ゲロ吐き袋の独特なモスグリーン色の馬糞紙は、日本の雑紙(ざつがみ)にも見られないもので気に入りました。


むかし読んだ「トイレ本」のなかにも、ソ連時代の最悪な質のトイレットペーパに言及しているコラムがありましたが。
日本でも一昔前までは、水洗トイレにそのまま流すと詰まってしまうような、茶紙の再生紙を束ねた落とし紙がぼっとん厠で使われていましたが、ああいった粗雑な紙はどこへ消えたのでしょうか。










B288_03.jpg

 ● マレーシア航空、カンボジア航空のゲロ吐き袋。



カンプチャ・エアラインのプノンペン行き、1週間前に早々とリコンファームを済ませ、タイのビーチで遊び空港へ直行してみたら、飛行機会社のカウンターが見当たりません。
どうやら飛行機会社そのものが消滅してしまった模様。
こんなこともあるのですね!?


・・・・・・・・ということで買いなおしてみたのが、数日前に就航しだしたロイヤル・エール・カンボジー。


にわか仕立ての機体の外面はしっかり新生航空のデザインできまっていますが、機内は出資にテコ入れしているマレーシア・エアラインの機体そのまんま。


もちろん表記のすべてはマレー語で、もちろん機内誌もゲロ吐き袋もマレーシア・エアラインのものでした。

そのうえ、社員教育も兼ねてなのか、腰巻き姿のロイヤル・エール・カンボジーのスチュワーデスと、パジュ・クルンの頬かむり姿のマレーシア・エアラインのスチュワーデスが混乗していてなんとも不思議な機内空間でした。


マレーシア・エアラインには一度も乗ったことがないものの、はからずもマレーシア・エアラインのゲロ吐き袋をゲットすることになりました。











B288_04.jpg

 ● 紙袋



最後のおまけに、タイの田舎のデパートの紙袋です。


時代錯誤もどこか甚だしい70年代風のイラストです。
そのセンスの具合が絶妙で、捨てずに持ち帰ったものと思われます。
ゲロ吐き袋と一緒にご丁寧にも抽斗にしまい込んでありました。


確かにいま見てもけっこうイケてる。その不思議なセンス。



それにしてもパンタロンの足元にブラがあるのはなぜ??










粗雑な紙ものが結構好きです!!  (^O^)    










  1. 2016/09/05(月) 12:53:06|
  2. 雑具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<289 小学教材 | ホーム | 287 接触不良>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utinogarakuta.blog.fc2.com/tb.php/288-ed3a9df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)