うちのガラクタ

古びたモノが好きです。日常の捕って付けたようなモノ・コトの紹介です。

276 チッキ















B276_01.jpg

 ● 諏訪神社骨董市     東京都立川市



久しぶりに行ってみましたが、今回は閑散とした骨董市でした。
絵馬に見る子供の願文より元気をもらいました。








B276_02.jpg

 ● 箱      紙製    255×336×高さ80ミリ。



  本日購入分は、紙箱(200円)と荷札(250円)の2点。


紙箱は、いわゆる文庫の類になるのでしょうか?
竹編みの素地に紙を貼り、塗りをほどこした、一閑張りの葛籠といきたいところですが。
エンボス仕上げでそれらしく見せかけた厚紙製です。
中紙の金銀散らしもプリントで、それらしくの簡易仕上げ。
角部分はホチキスを使用、折り角部分に擦り疵があります。
サイズ的にはA4サイズ、事務メーカーで出している書類箱と同じかんじです。


使い勝手は良さそうです、本を入れてみると丁度2冊並びます。


革張り風ながらも紙でできた賞状筒のようで、使っていくと終いに厭きそうです。
ただの空き箱に、この値段はちょっととも思いますが、折角ですから紙を貼って遊んでみることにしました。









B276_03.jpg

 ● 仕上がりはこんな具合です。



インドの新聞紙(グルムキー文字?)を下張りとし、その上に、薄いネパールのロクタ紙を重ね張りしてみました。
下地の文字が薄く透けてみえる仕上です。


家にある文庫と並べてみるとこんなかんじです。
やはり白が少し強すぎるかなぁ、このまましばらく使ってみて、改めて地味めの色でワン・グラッシしてみることにしましょう。










B276_04.jpg

 ● チッキ荷札      ベニヤ製      150×65ミリ。



紙箱と同じ店に並んでいた、デッド・ストックの木札。
「 やっぱりねぇ~、チッキだ、でも木札もあったんだ 」。


「 最後の一枚になっちゃった。 現代(いま)の子たち、知らないのよねぇ・・・・・・・・・ 」と、店のおばさん。
確かに。
知ってはいるけど、自分も利用の経験はない。


「チッキ」とは 鉄道の「手小荷物輸送」のこと、駅留めで送るというやつです。
変わった音と思っていましたが、どうやら英語のチェックが訛ったものらしい。


ベニヤの板きれ一枚が、この値段(250円)。 単純に考えて高いながらも。
資料性はあるかも(別に鉄ちゃんじゃないけど)、ということで連れて帰りました。


両端に針金が付いているのが珍しい。
ゴム印にみる文字は、「鐵道荷物、駅行、届先・殿、発送人、品名、個、発駅」。
3ミリ厚のベニヤは、なんだか新しそうだけど、文字が右から始まっているから、戦前?品なのかなぁ。
それとも、スタンプだけ使い回してたものか不詳です。










B276_05.jpg

 ● やはり、お馴染みの定番の荷札といえば紙製でしょうか。
                  * 鉄道マニアのかたの掲載写真より。



路線名や、受取人の電話番号など、新たな項目が加わっています。
写真は1970年代中頃。小豆色の布団袋が時代を感じさせていかにもという具合です。
高度経済成長を経て、結束紐には新素材の、ビニール紐やナイロンバンドが使われています。
隅面が開いた木箱から覗くのは、なんと活きたインコらしく、ちょっとビックリさせられます。
この時代の見慣れた輸送風景ながらも、撮影者はきっとコレを撮りたかったのでしょうね。











B276_06.jpg

 ● 徳利の輸送荷



やきものの販路も、船の時代から鉄道へと、陸路をくまなく運べるようになってから、物流が大きく変化します。


主要の窯場には、荷造り専門の梱包師がいて、写真ように藁束を上手くクッションとした梱包で、チッキとして駅送していました。


3個口、5個口と、ちょうど徳利の首の括れ部分と胴部に藁束を巻き、互いのテンションでもってしっかり固定させています。
1970年代前半の梱包で、藁縄の紐とビニール紐の両方を兼用しています。
付随の荷札は、針金留めの部分が千切れないように、強度を保つ3つ穴となっています。


今回入手したベニヤ製の荷札なら、確かに紙のように破れることがありません。
留めの針金が2本付く点でも、しっかりとした強度を有する発送品用にむけられたものなのかもしれません。











B276_07.jpg

 ● 荷札     金属製     118×56×厚さ7ミリ。



荷札とはしてみましたが、正確には、数種類のお決まりの荷札を入れ替えて使うための、荷札側、或いは鑑札入れでしょうか。
背面には「逓信省」の文字。
郵便物の輸送用袋に固定されていたものなのかも知れません。
これもチッキの類なのかどうかは不詳です。

こちらは以前、川越の骨董市の100円コーナーから、発掘したものです。










B276_08.jpg

 ● 並べてみるとこんなかんじです!









この種の荷札、鉄ちゃんだと詳しく知っているのかなぁ??    ^^;  









  1. 2016/06/26(日) 21:22:06|
  2. 雑具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<277 今日のガラクタ | ホーム | 275 「世界で一番恐ろしい食べ物」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utinogarakuta.blog.fc2.com/tb.php/276-275b742a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)