うちのガラクタ

古びたモノが好きです。日常の捕って付けたようなモノ・コトの紹介です。

327 ネパールの紙 その2




B327_01.jpg

 ● 仕上げた紙は町場へと運ばれていく。

<9> 仕事をおえて;
紙漉職人たちは紙漉場の持主に雇われていて、一家族で一日約五十ルピーの賃労働である。
紙漉きのできる間自分の村から谷に働きにきているのである。
彼らの主食はディロ(麦・ひえ・とうもろこしの粉を練ったもの)とツァンバ(同、こがし)が多くじゃがいももよく食べる。
野菜や牛製品は乏しい。
仕事をおえていろりの火をかこみくみかわす酒が彼らの一番のたのしみである。
発酵したひえに湯を注ぎしみだした酒を竹の管で飲むトンバは山の暮らしにふさわしい。

<10> 雇主;
タクトール谷の紙漉場はシェルパ族のタクドルジェの所有である。
シェルパ族はチベット文化の影きょうを強く受け、濃厚と牧畜、登山案内などを生業とする。
温厚で信心深い人たちである。
ソロクンブはシェルパ族の生活圏で谷や山の斜面に村が点在している。
なかでもタクトール村とヌンブール谷の合流点にあるジュンベシ村は美しく、佛教寺院や学問寺が数多くあり、シェルパ族の文化の中心地としてしたわれている。
タクトール谷の紙はこれらの寺で経典作成に使われている。

<11> 紙の運搬;
現地で消費されるぶんを除き、紙はカトマンズの紙商人に売り渡される。
カトマンズまでの紙を運ぶのはクーリーと呼ばれる強力たちである。
クーリーたちは数十キログラムの紙を背に、車の使える街道の村まで、三千六百米のラムジュラ峠を筆頭に、二千五百米以上の峠を二つも三つも越え、五日、六日とかけて運んでいかねばならない。

<12> 紙の販売とその用途;
カトマンズには紙の問屋と小売店がある。
問屋は仕入れた紙を倉庫にたくわえ、印刷所や本屋、文房具屋、土産物製造者など大口の消費者に売りさばく。
小売店では一般の小口消費者に、一枚、二枚と紙を売る。
紙の専門店もあれば雑貨屋に紙をおいていたりする。


紙漉き終了の場面では、祝杯の場に、ツァンバ(麦こがし)、ディロ(蕎麦がきの類)、トンバ(どぶろく)など、山のひとたちの懐かしい食べものが登場。
トンバは、木桶の容器(写真)に発酵した穀粒を入れ、湯を継ぎ足して飲むお酒。
細竹のストロー(先に細いスリットがはいっていて穀粒が入るのを塞ぐ)を差してちゅうちゅう飲む。
ストローで飲むということもあってか、酒というよりは、まるでホット・カルピスを飲んでいるような感じで酸味がある。
アルコール度数は低いながら、いい気になって、時間をかけて何杯も繰り返し飲んでいくと、かなり酔ってしまう。
シッキムやカリンポンでは、寒空の下暖を求め、気付くと昼間からちびちびと酒房に通うはめに。
ネパール焼酎のロキシーは、いまでは日本のお店でもあたりまえに飲めるけれど。
この季節、ネパールのローカルメイドの地酒、チャン(どぶろく)、モヒ(乳精酒)、そしてトンバなど、寒さにこらえるような感じで、だらだらと土地の肴とで飲んでみたい気分となります。


B327_02.jpg

 ● 紙の製品。

紙の代表的な用途は長い歴史を持つ経典の製作用としてであろう。
ネパール佛教、ヒンドウ教経典は手漉紙を数枚貼り合せ、ハルタールという黄色の顔料で地塗りをした上に手がきされる。
チベット佛教では木版刷経典が多く、貼り合わせ紙に摺刷される。
経のほかに護符も木版で摺られる。
マニと呼ばれ経筒におさめたり、魔除け病虫害除けの護符として門口や家内に貼られたりする。(附録一、二)
佛具としては貼り合せ紙に彩画した五佛冠などがある。(図二)
子どもたちには手がきの凧や紙に香辛料をしみこませたアミロといわれる駄菓子がある。(図三、図六)
せんだんのおがくずを紙に巻きこんだ線香もある。(図一)
紙と灰を一緒によくもめば燧石で火をきるときによいほくちとなる。(図四)



火燠しの火口、線香、アミロなど、使用後はその姿を消してしまうようなはかない紙製品を、あえて選択して載せている、伊藤さんの視点が秀逸です。
写真中; 貼り合わせ紙で作られた、手書き写経。 シッキムにて収集。
写真下; 紙を撚ってつくられた線香。<(図一)と同じもの。左の線香にはティカ(色粉)が同梱されている。> カトマンドゥにて収集。


B327_03.jpg

 ● 附録など。

借金や土地取引の証文もこの紙にかかれることが多い。
また昨今は手漉紙に印刷されたカレンダーや便箋、宗教図像が土産物として多量につくられ観光客の人気を得ている。
木版捺染の盛んなネパールでは手漉紙にも捺染して壁紙や装飾用として使っている。(附録四、五、六)
また色紙としても使われ、香辛料の店先には図のように薬草や染料が紙に包まれ吊されなかなかおもむきがある。
もちろん品物も手漉紙に包んでくれる。
このように包紙に手漉紙を使うことは日本では考えられないことであるが他の紙をすべてインドから輸入しているネパールでは機械漉より手漉紙の方が安いのである。
標準サイズ五十糎×七十糎で一枚二十五パイサ(約五円)から七十五パイサ(約十五円)ぐらいが千九百八十年における小売値である。
ちなみにコメは一キロ約五ルピー(百円)である。

<13> 紙の産地;
紙漉場の分布図は聞きがきにより主たる産地をあげたもので、このほかにも点々と小規模の紙漉場がヒマラヤ山麓の二千個目地帯には存在している。
ネパール以外の東ヒマラヤ、ブータンやシッキムでも紙漉が盛んにおこなわれている。
ネパールではバグルン地方が規模も大きく、良質のものを漉くので定評がある。
ここで良質といわれるものは白さ、打解のよさ、厚み、塵のないことで、薬品や機械を使ったものも、高く評価されている。
ソロクンブの紙はめだたないが自然な美しさがそこなわれない、素朴な愛すべき紙である。


巻末にはネパール紙を使った附録がついています。
経文が書かれた護符(右上は「オーム・マニ・ペメ・フーン」の文字が繰り返し書かれた、マニ車に納める経文)、観世音菩薩符、足形や魚が描かれた捺染紙 、バラビシェ地方とバグルン地方の手漉紙のサンプルの8葉です。
左下;ネパールの紙漉き場地図。
右下;店の軒先には、紙に包まれた商材が吊げられている。


後記;
私がこの本をつくるためにソロクンブに入ったのは五月のはじめ、低地のしゃくなげは盛りをすぎ、三千米をこす高地で花ざかりであった。
ロカタの花の季節は一ケ月まえにおわっていたが高地には咲き残っているのではないかと、いちるの希みを持ってこの地にきた。
紙漉場のニマ青年がロカタを伐りに行くのに従っていき、ひょっとして咲き残っていないかと探しまわったが花はなく、もう青い実ばかりであった。
仕事の合間に、彼に乞うて描いてもらったのが挿図のロカタの花である。
彼はロカタの花を太陽のようだといった。
まさに彼の頭の中にくれないに輝いているのであろう。
ヒマラヤ杉の林が雲を生んでいる。
雲が斜面をはいのぼっていく。
私はその峰々のはるか北方、紙の生まれ故郷、古代中国に想いをはせる。
いつの時代、どのような人々に教えつがれ、引きつがれ紙漉きの技術がこの地に伝えられたのであろうか。
中国から位ベットを経由してであろうか。
あるいは四川、雲南からヒマラヤ沿いに西へ伝わってきたのであろうか。
私はまた同じ手漉紙の文化を持つ日本のことを想う。
磨きにみがき抜かれた日本の手漉紙の技術と、簡潔な素朴なネパールの手法を比べてみる。
人は常にないものねだりだろうか。
私には簡素なタクール谷の紙漉が好ましい。
この紙には谷川の水の清らかさ、やまの樹々の持つ精気が薪火のぬくもりがこめられている。
この本の作成は取材から彫版、摺刷まですべてソロクンブでなされました。
彫版をアンギャルブ・シェルパ、タプケラマ・シェルパ、ガワンゴンボ、ガワンタシ親子。
摺刷をガワンジンバ・シェルパ、本文用紙をビルシン一家が漉いてくれ、取材はラクパー一家のお世話になった。
滞在中はアンパサンとアンヤンジが一切面倒を見てくれた。
今これらの人々とうるわしいタクトールとヌンブール谷の自然の恵みに深く感謝しつつこの後記をおわります。
           千九百八十年五月末日 作者記


B327_04.jpg

 ● 捺染紙

ネパールで求めた、版木で押した捺染紙(ブロックプリント)の数々。
草花、太陽、法具、仏眼、シバの鉾、幾何学文などを、赤と黒を相互に編した素朴な連続模様。

これと同じようなプリントの赤黒の印捺布が、カトマンドゥ市内のパシュパティナート近辺で売られているのを目にしました。
これらの布は、綿を入れて布団側としたり。女性用の伝統的な上着(ペチコート)や赤子の産着にされていました。

このような赤と黒の幾何連続学模様は、どこかネパールらしく感じられるデザインで。
同じように、織り布のパターンにも盛んに用いられています。
男性の被るトピー(帽子)や、女性の上着に縫いつけてある銭入れ(タイリー)などにも、よく見かけるものです。


B327_05.jpg

 ● 伝統模様をつかった版画。

ネパールの伝統的な模様を、版木に緻密に彫り上げた美しい年賀状は、以前、三州足助屋敷を訪ねたときお会いした、中村さんの作品です。
話しをしてみると、中村さんも、伊藤さんの旅仲間と知り、その偶然性に驚かされました。
中村さんは、ネパールで師に就いて、伝統的な木版画の技術を取得。
一年の生活費である現金の一切を、紅葉の季節の足助屋敷での労働で稼ぎ。
あとは徳島の山奥で自給自足の生活に暮れているという、奇特な御人。

牡丹鍋をつつきながら、「蝙蝠傘の骨を加工して彫刻刀を自製するなど」中村さんから伺った版画の技術やネパールでのはなし。
囲炉裏で燃えさかる薪をながめながら、「自分では、木を一本燃やすのにも、小枝に換えたり燠にしたりと調整して、こんなに贅沢な燃やしかたはできないな」と中村さんの口からふと漏れた言葉が、とても印象的でした。

上の世代である、伊藤さんや中村さんたちの生き方は、自然体で淑々としながらも、どこか浮世離れの感が強いものの、芯が一切ぶれず気合いが入っている。
情報環境は現代の生活を固持つつ、スタイルとして自然性を取り込んだ、「ロハス」とか「エコロジー」とかの流行とは、まるで対極にある生き方です。
物質や情報過多の現代において、本当に必要なものは何なのかを取捨して、その分を心得ています。
自分には、当然真似できないながらも、そんな生き方にとても魅力を感じさせられます。


B327_06.jpg

 ●  ネパールの紙

カトマンドゥの紙問屋で、まちのドカン(雑貨屋)でと、折にふれ求めたネパール紙の数々。
高級なものから粗雑なものまで、品質もまちまちです。
漉き水に混じった小さな塵や、輝く雲母片。
火干し乾燥の際、火の粉がつくった小さな焼けこげ。
そこには、手漉紙が生みだす、土地の小さな履歴が、同時に漉き込まれています。

そんな紙の履歴を極端に加工するには、やはり畏れ多く、うちでは専ら襖紙にしたり、調度に貼ったりとして楽しんでいます。

一時期は紙貼りごっこが、すっかりエスカレートしていき、冷蔵庫などの家電にまでも。
そして購入したばかりのエアコンの室内機に貼った時点で 、「まるでラーメン屋のエアコンのように小汚い」と友達に言われ 、心外だったこともありました。

白モノ家電が流行っていた時代、その眩しさと質感は、うちの薄暗い部屋にあってはどうも浮いてしまい、それを阻止すべく起こした小さな抵抗の、紙貼りごっこ。

そんな紙貼り熱も自然と冷めてしまい、さすがに長らく息を潜めておりましたが。
「開けゴマ!!」
このたび押入の天袋より、ミカン箱いっぱいに詰められている、ネパール紙や、タイやビルマの手漉紙が出現しました。

「さて、どうしたものか!?」



ネパール紙の行く末が、最後には、とって貼った、おとぼけブログとなってしまい、大変失礼しました・・・・・・。 (*^_^*) 



  1. 2017/02/18(土) 13:16:39|
  2. | コメント:0

326 ネパールの紙 その1





ネパールの紙に初めて触れたのはいつだろう。
学生時代、千石にあった「紙舗直」の展示即売会だったはず。
DMの写真には、確かネパールのタマン族の女性の姿が写っていたと思う。
もっとも当時は、ネパールはヒマラヤにある一国、といった知識しか持ち合わせていなかったけど。
手にとったネパールの手漉紙は、これまで目にしたことのない風情があり、和紙などにくらべ余りに質朴で、そんな点にとてもこころ惹かれたものです。

「紙舗直」の店主は、和紙などの手漉紙や、西欧のコットンペーパー(デンマークやイタリアのもの)を含め、およそ素材として流通する紙を、店主自らの独創的な視点でもって新たな紙の世界を模索し紹介してました。
作品の素材としての紙というよりは、紙そのものが作品になっており、紙の可能性を探る面で非常に刺激されたものです。
「紙舗直」では、ドイツ人画家 ホルスト・ヤンセンとの和紙を用いたコラボレート作品展も頻繁に催されており。
ヤンセンが作品に使った和紙を集め、販売セットにしたシリーズ ”PAPER HOLST 21 ”なんかも、自分としてはかなり高価だったけど、無理して購入したりしました。
ネパールの紙は1枚300円だったか。
数枚購入してみたけれど、結局もったいなくて一向に使えず、紙としての風合いを愉しむに始終しました。

王子には、王子製紙がもつ「紙の博物館」 (当時の古い時代の建物)があるのを知り、観にいくと。
これまで見たことがない製紙法でつくられたパピルス紙(当時は珍しかった)があったり、展示されていたススメバチの巣も紙のカテゴリーとして含めるなど。
紙としての概念、その幅の広さに驚かされたものです。
 * 現在は飛鳥山に立派な博物館建っており観ることができます。

しなやかで上品な和紙、美しい包装紙、緩衝材や詰め物として用いられる雑紙、塵紙、反古紙、馬糞紙・・・・・・・・・・。
ぱりっと仕上げられた高級なものから、よれてへたった場末のものまで、紙がみせる様々な表情が好きです。
自分の場合、作品の素材としての紙というよりは、どうやら紙そのものが好きなようで。
旅をするようになってからは、自分へのささやかな贈り物として、塩・茶・紙の三品を土産としていた時期もありました。

まずは近場の埼玉県小川町の細川紙、白石紙、越前和紙の工房や作業場などを見学しました。
アジアの旅では、素焼のやきもの作りなどとともに、紙があれば折に触れ目を向けるようにしました。
タイ北部(チェーンライやチェンマイ郊外)のサー・ペーパー(カジノキ科?)の紙漉き作業。
ミャンマーの竹紙(馬糞紙風のざら紙を鎚で叩き、ワックスペーパーのように紙面をピカピカに加工して、金箔のあかし紙に使用)の叩製工程。
インドネシアのスマトラ沖に浮かぶニアス島では、樹皮布作りに出会いました。
ちょうど砧打ちの作業で、樹の靭皮繊維を叩解して平たく加工しており。
漉紙ではないながらも、それも或る意味、紙作りに関連したながれを汲んでいるように感じたものです。

すっかり長い前おきとなってしまいましたが、今回はネパールの手漉紙です。




B326_01.jpg
 ● 『ロカタの花咲く ネパールヒマラヤの手漉紙紹介』  伊藤 昭 著  千手千眼工房 1982年

ネーパールの紙漉を取材した伊藤さんによる、手作りの木版画本。
本書の紙には、すべてネパール紙が使われています。
うちにあるのは、日本語版第3刷(1992年) 92/108。

伊藤さんとは数度お会いしただけですが、作務衣姿で猿橋の山の奥から木製の背負子に荷を負って、スーパーカブで東京まで出てくる姿は、あまりに独特でどこか仙人めいていて印象的でした。
表具の仕事もされていた伊藤さんの『千手千眼工房』の名前は千手観音からのもの。
名古屋のお寺の住職を中心に、伊藤さんの旅仲間は、それぞれの念持仏にあやかり銘々をされていたようで。
山梨のときにはよく行っていたカレー屋の、「こんな田んぼばかりの山のなかに店があるのだろうかと」という場所にあったヒマラヤンカリーの『ぼんてんや』というお店もそのひとつ。
こちらの店名は梵天(ブラフマー)で、セルフビルドの店内は調度も素敵で、独創的でボリュームたっぷりの仁香さんが作るカレーのファンでした。
本書の冊数の108という母数も仏教にちなんだ数ですね。

本書は、ネパール紙に刷られた木版画の風合いを味わいながら、実際に頁をめくるのが一番ですが。
折角ですから図版をまとめ、紙漉きの工程ごとに全文をそのまま掲載(今回次回と2回に分けて)することにしましょう。
文章にみる行間から、伊藤さんの温かな視線が見受けられ、味わい深いことと思います。



B326_02.jpg

 ● 材料の調達と調整。


<1> 紙漉場へ;
霧の中にしゃくなげの林は延々と続き、今を盛りと咲き乱れる花のトンネルの中を、夢見心地でのぼっていった。
しゃくなげの林を抜けると峨々たる岩場に出た。
そこが海抜三千六百米、めざすソロクンブ地方の玄関口、ラムジュラ峠であった。
眼下にはしゃくなげの林ごしに緑うるわしい谷が横たわっていた。
紙漉場のあるタワトール谷である。
私は逗留するジュンベシ村めざして、ふたたびしゃくなげの花のトンネルの中へ突入していった。

<2> ロカタの花咲く;
厳しいヒマラヤの冬が去り、雪どけ水に一段と高くなった渓音がヒマラヤおろしにとって変わると真先に咲きはじめるのがロカタの花である。
ロカタの花がほころびはじめると二組の紙漉職人の家族がタクトールの谷に姿を現わす。
一組はラクパと息子のニマ、姪のダーナマイ、息子のカージー。
共にタマン族の人たちである。
紙漉場は竹の網代と割板掛けの二つの小屋からなり、紙漉きと乾燥する小屋と、打解、煮沸、それから職人たちの寝起きに使われる小屋にわけられる。
仕事は冬の休業中に荒れた紙漉場の手入れからはじまる。
網代を新しく編んで小屋の修理、紙漉き池の清掃をする。
筧かけかえられると清冽な水が紙漉場におどりこんでくる。
若い男たちはさっそくロカタの伐採に山に入り、父親たちは乾燥に使う薪の伐りだし女たちは紙漉用具の手入れにとりかかる。

<3> ロカタの伐採;
紙の原料であるロカタはヒマラヤ山麓の海抜二千から三千米に分布するじんちょうげ科のかん木で、タクトール谷ではしゃくなげ、あせび、ヒマラヤ杉の原生林に混じって生えている。
伐採に適するのは樹齢十年ぐらい、直径七~八糎、高さ二米前後のものである。
紙漉場付近の密林には、いたるところにロカタが自生している。
伐採は伐るとゆうより折り倒すといったほうが正確である。
まず下枝をククリ(刀)ではらい、根元から三十糎ほどのところから幹を折る。
次ぎに折れ株に足をかけて、裂けた皮を根本へへぎ下げひきちぎる。
こうすれば根元の皮が無駄なく採れるからである。
根元の皮は特に肉厚で、七~八糎、巾は十糎近くある。
へし折ったロカタは小枝と梢をはらい幹だけにまとめておく。
二十本ほどまとまれば皮をはぎとる。
皮は非常にはぎやすく、樹液はタケニグサに似た強い臭気を発する。
皮が非常に肉厚なので皮ととった後の白木はみちがえるほど細く見える。
この細い白木を見ると、ロカタが多量のせんいを有しており、紙の原料に適していることがしみじみ納得できる。
はぎとったロカタの皮は黒皮を内側にして二つ折りにしてまとめられる。
白木はそこいらに散らかしたまま束ねたロカタを肩に伐採人は小屋に引きあげる。

<4> 黒皮とりと谷ざらし;
黒皮とりは夜の仕事である。
食べものの煮たきロカタの煮沸に使ういろりの火でひとしきり夜なべをする。
黒皮をとり覗いたロカタの皮は2日ほど天日に干す。
乾いたロカタは天井に保存されたり次の工程にまわされる。
ロカタは煮沸するまえに、谷水に一晩つけておく。
水を充分に含んだロカタを岩に打ちつけ塵を除き、煮沸の効果をあげるためククリで細裂きする。




B326_03.jpg

 ● 材料の叩解と漉き工程


<5> 煮沸と打解;
煮沸に使う灰汁(アク)とり作業は竹かご(ドコ)とくり抜丸太の槽(ドゥント)を使ってなされ、乾燥炉の灰をかきとってドコに入れ上から水を注ぎ、したたりおちる灰汁をドゥントに貯める。
いろりには半切りのドラム缶がかけられ、細裂きされたロカタと灰汁がいれられる。
煮立ってくれば大きな木のヘラでかきまぜる。
打解は平らな石板と木槌を使う。
煮沸のいろり火を背にうけてロカタを打ちつづけるのは根気のいる仕事である。

<6> 紙漉き;
打解のおわったロカタは丸太をくり抜いた桶(ドウン)に移されフィルケという道具で水を加えよく攪拌した後、小さな水槽に移される。
この工程で、日本ではネリ(のり)を加えるがネパールでは使わない。
紙漉きは丸太と割板製のたたみ一畳ほどの池でおこなう。
谷水は筧で導かれ、丸太に刻まれた落口から流れ出ていく。
紙漉きの方法は”溜漉き”である。
まず金網に張った漉き舟(ターガ)と池に浮かべ手杓でロカタを舟にすくい入れる。
分量は紙の厚さによって異なるがダーナマイは手杓に二杯すくい入れる。
これでやや厚手の紙が漉ける。
舟にすくい入れたロカタを小さなフィルケで均等にひろがるようにかきまぜる。
塵やほぐれていないロカタは手でつまみだす。
次ぎに舟を両手で持ち上げむらのでないように水を切る。
水はせんいの少ないところから流れ出ようとするので薄いところへロカタが集まり自然に厚みが均一化されようとする。
それでも習熟しないとむらなく漉くことはむずかしい。
漉きあがった舟は左手にたてかけられ乾燥にまわされる。



B326_04.jpg

 ● 『 活きている文化財遺産 デルゲパルカン <チベット大蔵経木版印刷所の歴史と現在> 』  池田巧 / 中西純一 / 山中勝次 著  明石書店  2003年。 より

 * デルゲ (sDe dge <徳挌>)は、中華人民共和国 四川省 甘孜蔵族自治区でチベットのカム地方にある都市の地名。パルカン(parkhang)は印刷所の意味。

こちらはチベット紙の事例。
原料は、ジンチョウゲ科 クサジンチョウゲ属 クサジンチョウゲ。
草の根のいらない部分をそぎ取り、塵を取り除き、1時間煮込み、石臼に入れてどろどろになるまで木槌でたたく。
繊維の分散に、バター茶の攪拌用の木筒を転用しているのも面白い。
水を張った水槽の上で紙の原料をスクリーンに流しこみ、均一になるように上下左右に動かす。
漉いた紙はスクリーンのまま天日干し、日差しに恵まれているので、1日2回は外で紙を干すことができる。


B326_05.jpg

 ● 『ブータンの花』  中尾佐助・西岡京治共著  朝日新聞社、1984年。「12章ブータンの民族植物」 より

ブータン紙の事例。
ブータンやネパールではミツマタとジンチョウゲから伝統的な紙を作る。
紙の原料となるミツマタは日本のものとそっくりだが、別種とされているガードネリ=ミツマタ(Edgeworthia gardneri)。ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属のほうは数種類ある。
写真はジンチョウゲ。
ブータンの紙は以前はチベットに多く輸出され、ラマ僧院で経文を書く紙になっていた。
ブータンにもトロロアオイの野生種はあるが、ヒマラヤの製紙法では、日本の製紙法のようにネリ(紙漉きのさいに、トロロアオイの根から抽出する粘液を粘着材として添加する)は使われない。
紙を漉くのに竹の簀の子を使うものと木綿を使うものがある。
写真では竹の簀子の上に、ヒョウタンの柄杓でほぐした繊維をのせている。
漉いた紙は簀の子のまま立てかけて乾かすか、剥がして土壁などに張付け乾かす。
紙漉きは谷間のきれいな水の流れに小屋掛けしてつくっているところが多い。
写真では風呂敷のように真四角な大型のサイズの紙が漉かれている。


B326_06.jpg

 ● ドラカ近郊風景。

2度目のネパールの旅のときに、チャリコット近郊にある、タミーの人たちの村で紙漉きをやっていると聞き、行ってみました。
チャリコットの町より、その昔、チベットへの塩街道に面したネワール族の古い集落 ドラカを通り、シェルパ族の尼僧院があるビグを経て、車の通るバラビセの町までの二泊三日のショート・トレックでした。
唐棹でシコクビエの脱穀をおこなっていたのが、タミーが紙漉きをやっているススパの集落です(左下)。


B326_07.jpg

 ● 「ススパの紙漉き用具」  メモより。

ススパに着き、川辺りに紙漉きの道具らしきものを発見したものも、紙漉きはやっておらず。
残念ながら取り残されている道具を採寸したにとどまりました。
写真も数枚撮ったはずですが、ベタ焼きのみだったのか紙焼きしたものが残っておらず。
漉き枠に張られていたのは防虫ネット<カトマンドゥ市内で使われていた防虫ネットは金網製でした>だったはずですが、その素材のほうはいまとなってはおぼろで覚えておりません。
メモには攪拌筒に使う樹種の名前など書かれていますが、いまこうして新たに見るとどうもデヴァナガリーとアルファベットの記載に齟齬があり(地元で知り合った青年を案内役として雇ったのが間違いだったのか)、記録としての確証性が保てません。
ネパール紙のなかには、ときどきキラキラと輝く砂粒が混じっているのを見かけましたが。
なるほど、この辺りの川砂には雲母が沢山含まれています。
聞き書きによる面とは別に、その場を直接訪ねてその環境のなかから得る情報も幾分あるようです。
一枚の手漉紙のなかには、その場の環境そのものの世界も同時に漉き込まれています。
予めエリア内のトレッキング・パーミットは入手してはいたものの、まるで観光としてのコースではないため、チェックポストも一切無く。
一時とはいえ、民泊したり寺に泊まったりと、特に目玉はないけれど、そんな辺鄙な村歩きが出来て、これはこれでなかなかよい体験でした。

木槌に石、攪拌筒に棒、漉き舟、漉き枠と、おおむね伊藤さんの本に登場する道具と同じです。


B326_08.jpg

 ● 紙の乾燥と仕上げ。


<8> 乾燥;
乾燥は漉き場の背後に設けられた炉のまわりでおこなう。
炉は吹き通しの小屋の床に間口七十糎、奥行一米五十糎、深さ二十糎ほどの穴を掘り、その上に太い薪をかけ渡したものである。
炉のまわりには細枝の支柱が十本ぐらいたてられ、これに乾燥する漉き舟をたてかける。
池で漉かれた紙は数枚たまれば炉のまわりに移される。
漉き舟は炉のまわりを左まわりに送られていき、一周するころにはあらかた乾きあがる。
乾けば紙は自然に金網からはがれてくる。
乾き上がった紙は舟からはがし、紙かけ場に収納する。
紙かけ場は右図のように紙をさし通す竹やりと木の又に竹を渡しかけたおさえからなっている。
漉きあがった紙の上部をやり先にさし、紙のしわをのばして、おさえの竹ではさんでおく。
あきになった漉き舟は池の右手に集められ漉き作業にまわされる。
作業が無駄なく流れるように工夫されている。
風の強い日は火の粉が飛び乾いた紙にとび火したり、紙がまくれあがったりするので、油断できない。
ネパールでもバラビシェなどでは天日乾燥をしている。
ソロクンブ地方では谷が深く湿潤で乾燥に適する場所もなく、豊かな原生林より伐りだす薪に頼っているのは自然のなりゆきだろうか。
燃えさかる百年、二百年を経た巨木を見ていると資源の将来がおもいやられ、いたたまれない気持ちになる。
漉き上がった紙は不良品を除き、二十舞いずつまとめられ、これを十束まとめ二百枚で一コオリと呼び取引の単位とされる。
一日に漉く紙の枚数も一コオリが標準である。



紙漉きの火力乾燥による多大な木の伐採によって、自然体系の変化を危惧する、伊藤さんの冷静な視点。
漉き紙に混じっていた雲母同様に、虫喰いのような線香で焼いたような小さな焼き焦げは、なるほど、火力乾燥で飛び散った火の粉の悪戯だったのですね。

現地に滞在しながら、子細に綴られた伊藤さんの紙漉きレポート、次回は仕上がった紙を流通させ製品となるまでの経緯の紹介です。


B326_09.jpg

 ● ビグ・ゴンパにて。

おまけの写真は、紙漉きトレックの旅で宿泊した、尼僧院のビグ・ゴンパ。
ソリザヤノキの豆の実の莢のなかには、紙のように薄い種子がぎっしり詰まっています。
そんな紙のような種を、奉納用の供物の椀に貼り付けて作りものをつくっているところです。
御幣にさがる紙垂のように、紙のようにひらひらと白く輝くものは、カミを寄せあそばす効力があるのでしょうか。
供物の椀に、まるで花が咲いたような華やかさとなりました。



いろいろな紙の世界があり、なんとも面白い!!   (~o~)  



  1. 2017/02/16(木) 20:55:13|
  2. | コメント:0

156 「デルゲパルカン」 御経







前回に引き続き今回もチベットものということで、最近読んだ「デルゲパルカン」より。






B156_01.jpg

 ● 『 活きている文化財遺産 デルゲパルカン <チベット大蔵経木版印刷所の歴史と現在> 』  池田巧 / 中西純一 / 山中勝次 著  明石書店  2003年。


デルゲ (sDe dge <徳挌>)は、中華人民共和国 四川省 甘孜蔵族自治区でチベットのカム地方にある都市の地名。パルカン(parkhang)は印刷所の意味。

デルゲでは経蔵の破壊を逃れた版木がまだ残り、伝統的な従来ながらの方法で経版印刷がされていることは何かのときに知り、頭の片隅にデルゲという音は残っていましたが。
少し昔の本ながら、偶然図書館の背表紙で見つけて手に取った次第。

チベットのお経は、洋書のように背綴じされておらず、短冊型の横長の紙面を順次捲って重ねて読んでいく方式。
そのため両面書記の文字の上下が捲ると正常となるように表記されています。
そんな一葉ごとの紙面の束がばらばらとなり分散しないように両面から木板を当てて紐で括りまとめて、それがハードカバーとなった一冊分です。


本書ではデルゲの地理的条件も踏まえてこの地で経印刷蔵が設立した歴史、経版印刷の技術とその流れ、版木・紙材の製造方法、近年大きく変わりゆく町の様子と今後の留意点などが併せて記載されています。


 印刷の流れの口絵写真が興味深かったので一部抜き出してみました。




B156_02.jpg

 ● 「紙の木口を切りそろえ均す。印刷前に紙を湿らす。印刷所。版木の保管蔵など。」


(左上1) 日ごとのノルマとして支給された用紙の束を肩に乗せている工人。
(右上1)(左上2) 大きな刃物で紙を一起に裁断し、その木口を均すのに鉋掛けして平らにしています。鉋は端に柄がついており押し削りしています。
(右上3) 印刷前に湿らした紙の圧搾には板を当て、石を重りにしています。
(左4) 経蔵での印刷作業風景。
(左5) 経蔵の棚に保管されている版木の数々。




B156_03.jpg

 ● 「横長の短冊型のチベット経。版木の刻彫、校閲、修正、保管など。」


(上) 短冊型の経は背綴じされておらず、一枚一枚順繰りめくり読んでは重ねていく方式。
(右下) 細かい刀を用い版木の細部を仕上げていく。
(中左) 誤字の修正箇所に別材の木片を埋めていく。





B156_04.jpg

 ● 「紙材の原料。紙塑の叩解。紙漉きの様子。」


(左1) デルゲパルカンで用いるチベット紙の紙材の面で一風変わっているのは、ネパールのロクタ紙などで用いるジンチョウゲ科の木本の幹の靱皮繊維ではなくて。
土地の言葉でアジョルジョと呼ぶ、草の根<和名はジンチョウゲ科クサジンチョウゲ属のクサジンチョウゲ>を原料に用いること。

(左2) 太い根の外皮と芯部分は紙には向かないので、刀で丁寧にそぎ落とす一手間がかかります。

(左3) 紙の繊維の叩解作業。石鉢に材料を入れ、木槌でもって相互に叩く気の遠くなるような作業。

(右中) 仕上がった紙漉前の繊維をほぐすのに、身近にあるバター茶用の攪拌筒をそのまま代用している点も面白いですね。

(左4) 日本の手漉き紙のように、水槽に原料とネリを加え攪拌させ流し漉きでもって繊維を均質に拡散させ、漉き上がった紙を幾重にも重ね置き、乾燥時点で一枚一枚板張りする方法とは随分と違い。
水槽のなかのスクリーンを張った漉枠に原料を直接流し込み、左右にゆらし紙塑を均一に分散させるよう漉き上げる溜め漉き、天日でそのまま枠ごと乾燥させます。
単純ながらも日に2回は紙を干すことが出来る、日差しに恵まれて非常に乾燥した土地ならではの利点を活かした理にかなった方法です。







1997年8月に、ラサで行われる大タンカの御開帳を観にチベットへ行きました。
カラー用のリバーサルフィルムはスライド化してバラバラにしてしまい、細かなデーターが確認できませんが。
その時の写真を探ってみると、寺院の経蔵など写っているものがありましたので以下紹介します。






B156_05.jpg

 ● 経蔵に保管された版木(左)と、棚に保管されている御経(右)。
           1997年 中華人民共和国 西蔵自治区 にて撮影。





B156_06.jpg

 ● 上; 祈祷旗<タルチョ>も寒冷紗に経文が版木印刷されています。
   中; 寺院にて読経の様子。
   下; 僧衣だけが空蝉のごとく残された院内。
           1997年 中華人民共和国 西蔵自治区 にて撮影。






B156_07.jpg

 ● 「御経(!?)各種」   *(最大のもので) 90×420ミリ。


手持ちのなかに、チベット文字で書かれた御経の断片が数枚あります。
知人から頂いた布地のもの(下写真右端)以外は、1992年1月にインドのシッキム州のポダンモナストリーにて廃棄してあったものを拾得したものです。

シッキムは、ネパール、ブータン、チベットに挟まれた地域で、インドに併合されるまではチベット文化を維持する独立国でした。
寺院の様式自体はチベット本土のものと幾分異なりますが、日本人にとてもよく似たレプチャ人が住んでいて、独特なレプチャ語を話します。

拾得した御経(!?)には、版木の印刷体のもの一枚を除いて、ほかは筆記体による手書きのものです。
用紙は(上写真最下)は機械漉きの洋紙ですが、ほかはいすれも手漉き紙です。
紙の漉き具合も、厚めでごわごわのものがあったりと、それぞれ随分違いますが、紙の原料にするのだと見せて頂いた木は、日本の沈丁花と同じもので、その幹の靱皮繊維を使うのだとか。

本文の解釈なのか、小字でもって加筆されていたり、小紙を貼って修正されていたりする箇所も見られます。
日本の行書・草書体のように書き手によって崩された文字は、読めずにただながめているだけでもどこか綺麗で楽しめますね。







B156_08.jpg

 ● 「パンコルチョエデ全景」    1997年9月 中華人民共和国 西蔵自治区 ギャンツェ にて撮影。





見れば見るほど、いろいろな文字が使われていて面白く飽きません。 (^-^)






  1. 2014/09/22(月) 10:48:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

040 料紙と綴本



 紙の肌触りや質感が好きです。旅先での自分へのお土産に「お茶」、「塩」、「紙」を選んでいた時期がありました。洋紙というよりは近頃では和紙のような手漉き紙のほうが、どちらかというと馴染んできたように感じます。良質なつくりの紙や工藝紙よりは、規格も不均一な手の痕跡が残るようなそんな紙が好きでした。学生の頃は版画のサークルをやっていました。当時専攻していた絵画とは異なり、まさしく版で押したように同じものを量産したかったのです。やっていたのはシルクスクリーンでした。丁度そのころ千石にあった『紙舗 直』で、店主の坂本直氏が提供した日本の紙を用いた、ドイツの画家のホルスト・ヤンセンの版画展を観に行きました。和紙と西洋との感覚の出逢いに衝撃を受けました。シルクスクリーンの厚みがあり深みのないテクスチュアが、どことなく気になっていた時期でもありました。 紙舗 直 からヤンセンが用いた和紙のサンプルセット「HOLST 21」が販売されていて、生活費をどうにか削って、無理して購入しました。学生の分際でしたが、同じ紙を持つことで、何となく流行の作家から影響を受けたかったのです。




B040_01.jpg

 ● ”Ohne Absicht” 新鳥の子紙黄口 シルクスクリーン 1985年
学生時代の作品。文字部分は大正時代の宝生流謡曲本「卒塔婆小町」の一文を使用。




 紙舗 直 では、また、ネパールの手漉き紙も紹介されていました。一目で、同じ手漉きでも和紙とは、まるで異なる触感の紙でした。当時は、紙の製法がどのようになされるものなのか、その特性を碌に知らないまま作品を造っていました。そんな折りに、王子に「紙の博物館」が在るのを知り、有志をを募ってサークルの仲間と一緒に観に行きました。初めて視るカヤツリグサ科のパピルスの鉢植えや、オオスズメバチの大きく鞠のような巣も、紙の定義資料として展示されていて驚きでした。ブログ№026・インドのペーパーワークの時にも、簡潔ながらもギャラリートークの解説で、紙の製法や伝搬に触れ、それらを識る前と後では俄然同じ作品を前にしても見え方が異なり驚かされました。 布の「襤褸」と同様、「屑・塵」と呼ばれる類の紙であっても、一昔前までは、とても貴重で大切にされてきたことが窺い知れます。塵紙というと、いまやイメージするのは純白で柔らかなティシュペーパーですが。子供の頃は厠で用いる落とし紙は、褐色のざらざらした再生紙が束になっていた時代でした。

 ネパールのカトマンドゥ市内の荒物屋を巡っていると、同じ手漉き紙でも白いものや黒いもの、光沢のあるものやざらざらしたもの、なかにはガラスのように細かな何かがキラキラ光っている紙もありました。カトマンドゥ盆地の端にあるチャリコットからビグへ向かう旧街道のススパに、タミーの人々が紙漉きをしている集落があるという情報を得て。チャリコットの定期市(ハート)で出逢った地元の青年をガイド役に頼み(初めての独り計画のトレックキングでした)、紙作りを観に行ったことがあります。この地域の紙はヒマラヤのジンチョウゲ科の植物「ロクタ」を使用しています。作業場には生憎誰もいなかったのですが。現場には、漕、漉き枠、掻き混ぜ棒、叩解(こうかい)具としての砧と石の台などの道具が一式残されていました。漕にこびり付いていた紙素より、大雑把な叩解がなされ、この辺りの雲母質の土壌をふんだんに含んだ濁った川水を漕に溜めて漉く、溜漉きのため。紙の色も自然に黒く、雲母が入りピカピカと輝るのだと考察できました。

 近頃、部屋の片づけをしていて、小さな綴本が出てきました。猿橋に住んでいらした、伊藤 昭さん自製の、ネパール紙の紹介本です。ソロクンブのタクール谷に滞在して、土地の彫り師・刷り師により製作されたものです。土地のネパール紙に伊藤さん独特の素敵な図版が木版で多数刷られています。巻末には御符や他の地域の紙も八葉ほど付録となって付いています。
 黄表紙装で、小口は臙脂色。箱のケースも花柄模様の伝統的なパシュパティプリントのウッドブロック紙が使用され、ひとつひとつ丁寧に作られた手作り製。質朴な雰囲気ながらも非常に手の込んだ希少な一冊です。




B040_02.jpg

 ● 『ロカタの花咲く- ネパールヒマラヤの手漉紙紹介 -』 伊藤 昭 著、千手千眼工房 1982年。版は、第3刷 92/108 番 1992年発行です。





 先日、立川の国文学研究所、国文学研究資料館で常設展示『和書のさまざま』を観てきました。江戸期以前の和書を、形態と素材、構成と要素、さまざまな本、性質の判別という視点から紹介した展示です。和書が歩んできた流れが非常に良く解る展示でした。
解説を読みながら、ひとつひとつの資料を視ていくと、素材としての紙の表情、文字の味合い、ネパールの質朴なものも素敵ですが、やはり和紙の歴史が歩んできた多様性に、改めてより惹かれる思いがしました。



B040_03.jpg

● 『和書のさまざま』展、東京都立川市 国文学研究資料館にて




B040_04.jpg

● 会場の外には、実際に和書を触れるコーナーが設置されていました。、東京都立川市 国文学研究資料館にて




B040_05.jpg

● こちらは家の和本。(左)『外史訳語』明治7年 (中)『増続 大廣益會玉篇大全巻六上』年代不詳 (右)『夏部目録』文化年間 。いずれも辞書や字引のようなものばかりです。事象や文字の解説が気に入っています。





  1. 2013/07/04(木) 20:54:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0