うちのガラクタ

古びたモノが好きです。日常の捕って付けたようなモノ・コトの紹介です。

032 ときには『平和』で! 圧力鍋


 家で使っている圧力鍋は『ピース 平和製圧力鍋』の昔のものです。錘が中央に一個、空気抜きの調整弁が一個といたってシンプルな機構の片手鍋です。これは、いつだったか偶然覗いたリサイクルショップで見つけたもの。500円の値札でしたので即決購入して自転車のカゴに入れて持ち帰りました。取手や摘み部分など黒じゃなくて焦茶色というのが気に入っています。その昔、飲みながら鶏腿を調理していて寝てしまい、気付くと部屋中がスモーク炉のようになっていて、危うく人間スモークとなり死にそうになった苦い経験があります。中には焦げ付いた炭化した鶏が、まるで焼き場で焼いた死体のようにこびり付いていて強烈な有様でした。結局パッキンは台無しとなり、その交換費が買った本体の倍以上かかってしまい。これが安い買物だったかどうだか? それでも焦げを落としてやると本体自体にまったくガタがなく、至って堅牢な造りのすぐれものです。独り暮らしには、いささか大振りなのと、ステンレスに較べアルミが厚く重いので、普段は台所の棚の上で眠っています。


130615-01.jpg

 ● 『ピース 平和製圧力鍋』 アルミ製 経235×410×高さ195 ミリ

 * 先日、冷凍庫に眠ったままの馬のスネ肉を、久しぶりに圧力鍋で調理してみました。

1; 圧力鍋にスネ肉と適当に野菜屑や香辛料を入れて圧力かけて15分


130615-02.jpg

 ● まずは、うちの『平和』くんに材料を投入!

2; 行平鍋にスネ肉と、新たに白ワインを一本。塩、黒胡椒、醤油など入れて数十分煮込み。
3; 暫く冷まして味を馴染ませ。再び圧力鍋で15分。スネ肉自体は生の状態の1/3ほどの大きさに縮んでしまいましたが、これで屈強な筋の部分も柔らかくなり食べれます。



130615-03.jpg

 ● 圧力2度かけで、馬スネ肉もこんなにも縮んでしまった。


 * 本日は梅雨らしく蒸し暑い不快な日昼、何となく赤ワインで一杯。昼飲みモードになってしまい。馬スジの肴を作ってみました。

4; 圧力鍋でフリージングしたスネ肉で一品を作ってみました。油をクミンで香り付けしてから、タマネギ、ジャガイモ、ニンジンを追加して炒め、馬スジ肉を入れ。黒胡椒、塩、ニンニク、ショウガでパンチを効かせ。仕上げにトマトケチャップ少々に赤ワインでとろとろ煮詰め。隠し味にタバスコ少々とカマンベールの残り物を一かけ投入。皿によそい三つ葉と水菜を飾りにして盛ってできあがりです!


130615-04.jpg

 ● 『馬スジ肉の野菜炒め』 自己評価;75点 *それなりに美味しいのですが自分の味を超えられないため。


130615-05.jpg

 ● 本日は昼間から馬喰いが過ぎてしまいました。「ゴメンなさい 馬さん!」
ということで、先日野火止上水べりで見かけた馬頭観音祠に登場いただき。くわばら。
えっと~真言なんだったっけ? ゴルバシャ? 先ずは「オン ○○○ ソワカ」南無南無。

 ワインが無くなってしまった。次なる肴を~。
働かざるべくして既に昼間から酒池地獄に突入するのであった・・・・(*_*) だめだ、こりゃ



  1. 2013/06/15(土) 16:25:12|
  2. なべ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0