うちのガラクタ

古びたモノが好きです。日常の捕って付けたようなモノ・コトの紹介です。

010 かごのトリ 鳥かご

 ゴミを出しに行って、ゴミを逆に拾ってくることがあります。本来の趣旨に反して、またまた家の中に余分なものが増えてしまいます。

 写真の針金製の鳥かごは、タイのものです。何故判ったかというと。鳥かごの中に小さな焼きもののミニュチュアが入っていたからです。高い高台の高坏型の焼きもの、ベンチャロン(正確には五彩のことを指すのですが、青一色の染め付け風プリントであっても、この器を総称して呼んだりします)。多分ピー(精霊)の祠堂で用いるミニュチアなのでしょう。器に蝋細工のような小さな小さな食品が盛ってあります。タイの南の田舎町にチャイヤーという場所があります。この町には至る所で長い竹棹が立てられ、その先に鳥かごがぶら下がっています。美しい鳥の鳴き声を競い合う、そんな風習がある土地です。ローカルバスを乗り継ぐ旅で、バス停がどこにあるのかまるで判らず、身振り手振りで訪ねたら。親切にも病院の女医さんのところまで案内して頂きました。こちらの片言英語も通じて感謝。しかしながら女医さんは丁度施術中でして、傍らには血だらけの患者さんがおりました。手術中に悪いことをしたものです。チャイヤーでは美しい鳥の鳴き声を聴いたはずですが、いまとなってはそちらの覚えは消えてしまいました。自分はそれなりにカゴ好き人間ですが、持っている鳥かごはこの一点のみです。実用を考えて部屋の片隅のサブ照明として使っています。二面にのみ簡単に紙を貼りました。紙は中国の印泥の包み紙を転用しました。



P1140622s.jpg

 ● タイの金網製の鳥かご 200×200×高さ350ミリ


P1140623s.jpg

 ● キュートなデザインのトリ型洗濯ばさみ プラスティク製、幅70ミリ


89-N4-36s.jpg

 ● 放生用の小鳥売り、かごの鳥を放して徳度する。タイ、チェンマイにて、1989年


98NT-01-01s.jpg

 ● こんな感じで中に小鳥が入っています。タイにて、1998年


0215.jpg


 押さえのヒゴを抜き取ると、パカッとカゴが開いて中から鳥が飛び立ちます。
 *このカゴはバスケタリーニュースに掲載させて頂きました。


  1. 2013/05/14(火) 19:32:20|
  2. 鳥かご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0